ベジママの成分のここがすごい!気になる成分とは?

ベジママの成分ってそもそもどんなものが配合されているの?

妊活サプリでは不動の人気を誇るベジママですが、どんな成分が配合されているのでしょうか。

ベジママの成分を徹底解析してみました。

まずは何と言ってもピニトール!

これがベジママの人気の秘密の成分です。

ピニトール・・・

生活習慣や食習慣をサポートしてくれるアイスプラント由来の新成分。

ミネラルが豊富に含まれているアイスプラントは、ママ活にとても有効的な新成分です。

女性らしさやママのコンディションしっかり整えてくれます。

葉酸・・・

厚生労働省も摂取を推奨しているママと赤ちゃんのために必須な栄養素です。

ベジママには、体内の吸収率が良いモノグルタミン酸型の葉酸が含まれているので効果はバツグンです!

ビタミンE・・・

ママ活には欠かせないカラダバランスや若々しさを保つ還元作用があるようです。

ビタミンC・・・

ママ活の大敵な負担を緩和してくれる作用があり、還元作用も強い成分です。

ビタミン B12・・・

葉酸との相性がバッチリなので、葉酸と一緒に摂取すると丈夫なカラダ作りに良い成分です。

ママになるために不足しがちな栄養素をベジママはバランスよく配合してくれています。

他のサプリにはない成分で不動の人気を誇る!その秘密とは?

ベジママは他のサプリメントにはない成分が含まれています。

他の妊活サプリには葉酸やマカなどの成分が配合されているのが一般的なのですが、ベジママはそれにピニトールという妊活に最適な成分が配合されています。

これは葉酸を超えるほどの効果があるとか!

食べ物でピニトールを摂取しようと思うとなかなか大変・・・

ですが、ベジママなら1日4粒でピニトール260mを摂取するのと同じことに繋がります。

この260mを食べ物で摂ろうと思うと・・・

豆乳なら1日693ml、大豆なら1日433粒、ルイボスティーなら1日87杯を摂取しなければならないのです。

これは現実的ではないですよね。ベジママなら手軽に摂取できるのでオススメです!

ベジママに鉄分とカルシウムが配合されていないのは理由がある?

ベジママの成分にはピニトールや葉酸、ルイボスなど妊活に十分な成分が配合されているのがわかりましたが、カルシウムや鉄分が配合されていないのが気になる人もいるようです。

妊娠中は、血流を良くするために鉄分が必要と言われていたり、カルシウムが不足しやすいと言われます。

それなのに、ベジママは鉄分とカルシウムが配合されていないって大丈夫なの?と不安になりますよね。

ベジママに鉄分とカルシウムが配合されていないのには理由があるようです。

まず、本当にママのカラダに必要なものだけを優しく配合することが根底にあるようです。

カルシウムに関しては・・・

妊婦さんや経産婦さんに対して国による付加量は設けられていないようで、基本的な食事からカルシウムの摂取が可能であると考えたようです。

鉄分に関しては・・・

基本的な食事より摂取が可能と考え、必要以上の摂取は望ましくないようです。

鉄分が含まれる食品はたくさんあるので、積極的に摂取するようにしましょう。

ベジママの成分は安全?ベジママを飲んで副作用があるか不安

ベジママの成分は自社の国内植物工場で栽培されているのでとても安心です。

徹底した管理のもとで生産されています。

サプリメントの製造工程は、

1. 原料混合(独自の配合比)

2. 打錠(クリーンな環境でサプリメント化)

3. 各種試験(何度もチェックし、試験を実施)

最新の設備で日々最善を尽くして作られているベジママは、安心・安全生バッチリのサプリメントですよ。

また、ベジママの副作用はないと報告されています。

飲み過ぎには注意しなければいけませんが、用量を守っていると副作用の心配は要りません。

ベジママの成分の安全基準は大丈夫?まだまだ安心材料が欲しい

ベジママ一本に絞るなら、どんな安全基準があるのかとことん知りたいですよね。

ベジママには、自社工場で高品質で徹底管理されて作られていることは最大の強みでもありますが、その他にも放射性物質の基準値もクリアされています。

その他、GNP認定工場で作られています。

GNP工場とは?

適正製造規範の略で製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるようにするための製造行程管理基準のことです。

これだけたっぷりの成分が含まれているのもかかわらず、安全性も守られているのはこれからママになる女性にとっては強い味方ですね。

ベジママの詳細はこちら