いま話題の妊活サプリ、「ベジママ」とは一体?

妊活サプリとは

サプリはベジママの他にもたくさんあります。

妊活サプリは妊娠前と妊娠中、どちらも内服することをおすすめします。

多くの妊活サプリには「葉酸」という成分が含まれています。

妊娠前に内服することでDNAの合成や細胞分裂に深く関わっている葉酸が働き、妊娠しやすい体を作ってくれます。

葉酸が欠乏することで貧血になりやすく、また胎児の神経管閉鎖障害を引き起こす原因にもなります。

そのため妊娠前から葉酸を摂取し、健康な母体を作るために妊活サプリが使用されています。妊娠中にも妊活サプリを内服することをおすすめします。

葉酸の他にも多くのビタミンが含まれており、これらのビタミンは妊娠中の母体・胎児の健康に良いとされています。

胎児の栄養はお母さんの体の中にあるものが全て。

そのためお母さんは自分の栄養と胎児の分の栄養、2人分用意しなければなりません。

簡単なようですごく難しいことです。

そこで妊娠前、妊娠中に必要な栄養素はほとんど同じなため、妊娠中に妊娠サプリを内服し栄養補給をします。

妊娠前と妊娠中に同じサプリを内服しても、目的が大きく変わります。

ベジママが人気の秘密

数ある妊活サプリの中でもなぜベジママは多くの方から支持されているのか。

ベジママはさまざまなママ活雑誌で取り上げられたことで一躍有名になりました。

口コミも良く、94%の人がリピートしたいと声を上げる人気商品です。

他の妊活サプリには含まれていない成分が配合されています。

さらに購入後、効果がなかった場合の全額返金保証や、定期初回価格が通常価格の半額などの嬉しいサービスがあるため、購入しやすいというのも人気の秘訣です。

ベジママの成分について

ベジママには五つの成分が含まれています。

一つ目は、妊活サプリには欠かせない成分である「葉酸」です。

葉酸は赤ちゃんに重要な栄養素であり、摂取することで胎内の赤ちゃんの健康を守ってくれます。

二つ目は「ルイボス」です。

ルイボスと聞けばルイボスティーをイメージされる方が多いと思います。

まさにその通りでルイボスティーの原料であり、還元作用が強くミネラルも豊富で体の内側から綺麗にしてくれる効能があります。

三つ目は「ビタミンC」です。

ビタミンCもルイボスと同じく還元作用が強い成分です。また妊活とは関係ありませんが、ビタミンCは肌の健康も守ってくれます。

四つ目は「ビタミンB12」です。

ビタミンB12は葉酸との相性が抜群で一緒に摂取することで、丈夫な体作りに良いとされています。

そして五つ目はベジママならではの成分である「ピニトール」です。

ピニトールとはヨーロッパで古くから食されている、アイスプラントという植物に含まれている成分です。

アイスプラントにはピニトールだけではなく、ミネラルも豊富に含まれているためとても妊活に向いている植物です。

ピニトールは、バランスが崩れたものを整える効果があります。

生活習慣により乱れやすい女性らしさを整え、体のリズムも整えてくれます。

さらに食習慣のサポートにも向いていると言われています。

甘いものや脂っこいものを過剰に摂取しすぎると体に良くありませんよね。

それらの摂取量を控え、ピニトールを摂取することで体の内側から綺麗してくれます。

まとめ

いかがでしたか?

妊活サプリと言っても多くの種類があり、選ぶのに悩んでしまいますよね。

ベジママには妊活に大きく関係しているピニトールが配合されています。

なんと言っても他のサプリには含まれていない成分なので、真剣に妊活を考えている方、妊活アプリの購入に悩んでいる方は是非ベジママを購入してみてはいかがでしょうか?

ベジママの詳細はこちら