ベジママは多嚢胞性卵巣症候群に効果がある?

ベジママは多嚢胞性卵巣症候群に効果がある?

なかなか妊娠できない・・・不妊に悩んでいる・・・

という女性はたくさんいます。

多嚢胞性卵巣症候群と診断された人や不妊治療をしている人はなかなかその悩みから抜け出せずにいます。

そんな時の救世主がベジママです。

ベジママを飲んで多嚢胞性卵巣症候群が改善したという人がとても多いのです。

どんな成分が改善してくれるの?

ベジママに含まれるピニトールやルイボスが不妊に良いと言われています。

無月経などの月経異常が多嚢胞性卵巣症候群の症状で、ベジママのピニトールは、体を温めたり、生理周期を整えたりする効果があるため、妊娠しやすい体を作ってくれるのです。

また、ルイボスは亜鉛やポリフェノールの配合で子宮の環境を整えてくれます。

多嚢胞性卵巣症候群とは?

ところで、この多嚢胞性卵巣症候群とは一体どんな病気なのでしょうか。

簡単に言うと、排卵障害の病気です。

卵巣に小さな卵胞がいくつもできて詰まってしまうことで排卵が行われなくなってしまうのです。

そのため、無排卵を引き起こし、月経異常や不妊といったことが起こってくるのです。

どんな症状だと多嚢胞性卵巣症候群と診断されるの?

多嚢胞性卵巣症候群の症状は、何か体に異常が起こったとすぐにわかるものではありません。

肥満や体毛の濃さ、生理不順など以前から起こっていたことが原因となるので気づきにくいという点があります。

妊娠したいと思ってなかなか妊娠せずに、受診したら多嚢胞性卵巣症候群だったということはよくあるのです。

治療法は様々

多嚢胞性卵巣症候群の治療法は様々です。

減量から投薬までいろいろですが、正直なかなか改善せず、治療には疲れてしまうという女性も。

そんな時は、多嚢胞性卵巣症候群の改善に有効と噂のベジママを飲んでみることをおすすめします。

多嚢胞性卵巣症候群が改善したという意見が多い

ベジママを飲んで、多嚢胞性卵巣症候群が改善したという声は実際にあります。

完全に治ったという声はありませんが、良い方向に向かっているという意見は多いので、なかなか改善の余地がない人は試してみてもいいかもしれません。

どんな風に改善していくの?

ベジママを飲んでもすぐに多嚢胞性卵巣症候群が治るというわけではありません。

徐々に良い方向い向かっていくのです。

例えば、

だんだん基礎体温が安定してきた

生理不順がなくなってきた

生理周期が安定してきた、28日周期になった

など、月経異常だった人がだんだん正常になってきている声がとても多いのがわかります。

月経異常は多嚢胞性卵巣症候群の典型的な症状なので、これが改善するというのは多嚢胞性卵巣症候群も改善に向かっていると言ってよいでしょう。

ベジママはどれくらい飲めば多嚢胞性卵巣症候群が治る?

ベジママはこれだけ飲めば多嚢胞性卵巣症候群が治るとは言えません。

効果は人それぞれなので、1か月で改善していく人もいれば半年後にやっと効果が出てきたという人もいます。

また、完全に治ると期待してはいけません。ベジママは治療薬ではなく、栄養補助食品です。

ベジママを飲みながら、生活リズムやストレスを溜めないなど意識をして生活していくことがとても大事なのです。

多嚢胞性卵巣症候群の改善はどんなことからわかってくる?

多嚢胞性卵巣症候群が改善してくると、生理周期が整って排卵がしっかり起こるようになります。

よって基礎体温も安定して排卵日の予測が立てやすくなります。

排卵日の予測が立てられるということは、妊娠できるタイミングがわかるということにつながってくるんです。

ベジママは1ヶ月分から申し込み可能ですが、1ヶ月経ったからと言って効果がなかったと諦めるのは早いです。

根気よく飲んで、妊娠しやすい体作りを目指しましょう。

ベジママの詳細はこちら