ベジママに含まれるピニトールの魅力とは

ベジママに含まれるピニトールの魅力とは

なかなか聞きなれないピニトールという成分。
ベジママに含まれる成分として有名になっています。
ピニトールにはどんな魅力があるのでしょうか。

妊娠しやすいカラダ作りの最強成分

ピニトールには、妊娠しやすいカラダ作りをサポートするための効果があります。
それも、一つだけではなく4つもあるんです。

女性らしさを整える
ママのコンディションを整える
カラダのリズムを整える
食習慣のサポートをしてくれる

実は、4つ目の「食習慣のサポート」が現代の女性には嬉しかったりするんです。
この食習慣のサポートには、カラダの内側からイキイキさせる働きがあり、口コミでも「カラダがイキイキしてきた」という声が多いのです。

ピニトールが含まれる妊活サプリはベジママだけ?

ピニトールが含まれる妊活サプリはベジママが圧倒的に認知度が高いですが、他にもピニトール配合と謳っている妊活サプリはいくつかあるようです。
しかし、ベジママはピニトールの配合量が桁違いなことやクリーンな環境で栽培されているので摂取するのも安心なんです。

最適な栽培環境で育てられているアイスプラント

ピニトールの原料となっているアイスプラントは、無農薬でクリーンな衛生環境で育てられています。
人の手で丁寧に種蒔きされたり、徹底した管理のもと生産されているのが公式ホームページにも詳しく掲載されています。

自社工場だからできるこだわり

ベジママは自社の国内工場で生産されているので、こんなこだわりがあります。

安全性を徹底追及した品質管理
自社工場だからできる低価格
放射性物質の基準値をクリア
自社工場だからできる低価格
GMP認定された工場で製造

これだけのこだわりを持って生産している妊活サプリはベジママだけかもしれません。

ピニトールの原料が知りたい

ピニトールの原料は、ミネラルが豊富に含まれたアイスプラントです。
ほのかな塩味でスーパーマーケットに売られていることもあります。ママ活をサポートするための新野菜として注目されています。

ピニトールが含まれる食材とは?

ピニトールは含まれる食材は、
豆乳
大豆
ルイボスティー
などです。

ピニトールは1日に260mg摂ると十分ですがそれを食品から摂取しようとすると、かなりの量を摂取しないといけないのです。
例えば、豆乳なら1日に約693ml、大豆なら1日に約433粒、ルイボスティーなら1日に87杯摂取しないといけません。
しかし、ベジママならそれをたったの1日4粒で摂取できてしまうんです。

ベジママに含まれるピニトールの配合量は?

1日たったの4粒でいいのに、しっかり量は配合されているの?と気になりますよね。
公式ホームページでもベジママのピニトールの配合量は桁違いと掲載されています。

なんとピニトールは4粒あたりで260mg含まれています。
その比較は、大豆の約8.5倍、ルイボス茶葉の30倍以上とも言われているようです。

副作用が心配!聞きなれないピニトールは安全なの?

なかなか聞き慣れないピニトール。
量がそんなに含まれていて、副作用が大丈夫なのか気になるところ。

しかし、ベジママを飲んで副作用があったという報告はいまとことないようです。
生産にもこだわりがあり、自社工場で安全に作られているためピニトールの配合量が多くても体調が悪くなるということはないのです。

中には体調が悪くなったという人もいる?

体調が悪くなったという報告はありませんが、お肌が荒れるようになったという口コミはあります。
副作用の口コミはありませんが、飲み過ぎには注意して容量を守って飲むことが大事です。
1日にいくら飲んでも効果が高くなるわけではありません。

ベジママの詳細はこちら