ベジママを飲んだら尿が黄色くなるのはどうして?

ベジママを飲んで尿が黄色くなる原因とは?

ベジママを飲んで尿が黄色くなったという人は何人かいます。
いきなり尿が黄色くなったらビックリしますよね。
その原因は、ベジママに含まれている成分が関係しているんです。

尿が黄色くなるのはビタミンB群

ベジママを飲んで尿が黄色くなるのは、ビタミンB群が関係しています。
ビタミン剤を飲んで尿が黄色くなった経験がある人なら、少し安心するのではないでしょうか。
尿が黄色くなるのは、体から不要なビタミンが排出されることで起こることなので、体には何の問題もないんです。

ベジママを飲んで尿が黄色くなると危険?

ベジママを飲んで尿が黄色くなると「ビタミン類を摂りすぎ?」と考える人は多いでしょう。
ベジママには尿が多くなるくらいビタミン群がそんなに多く含まれているんでしょうか。

ベジママに含まれるビタミンとは?

ベジママに含まれているビタミンは、ビタミンB群の葉酸、ビタミンC、ビタミンEの3種類がある。

葉酸・・・赤ちゃんとママに必要な栄養素
ビタミンB12・・・丈夫な体作りに良い
ビタミンC・・・還元作用が強く、ママ活の大敵である負担を軽減させる
ビタミンE・・・カラダバランスや若々しさを保つ

実は、ベジママにはこれだけビタミンが配合されているんですね。
尿が黄色くなるのは珍しいことではないかもしれません。

尿が黄色くなると危険?

尿が黄色くなっても、体への悪影響はありません。
体へ吸収するビタミンの不要なものが排出されているだけなので危険性はありません。

ただ、注意しなければならないのは、尿がオレンジ色の場合や茶色の場合、または血が混じっている時です。
オレンジ色の場合は水分が足りていないという時なので自分で対処できますが、茶色の時は病院を受診することをおすすめします。

尿が黄色くなるとベジママの使用を中止したほうがいい?

尿が黄色くなっても体への心配は問題ないので、使用を中止する必要はありません。
ビタミンB群は葉酸なので、妊活中に使用を中止してしまうと葉酸を摂取できなくなってしまいます。

ビタミン群が含まれているサプリメントはとても多いので、同じサプリメントを飲むなら妊活サプリ人気No.1のベジママを飲むと効果が期待できます。

食事でビタミンを摂取することも不可能?

ビタミンを多く含む食材はたくさんありますが、なかなか1日の摂取量を満たせるほど取り入れられないのです。不足しがちなビタミンは、サプリメントで補っている人が多いようですね。

ベジママで尿が黄色くなるのは副作用?

今まで尿が黄色くなったことなんてなかったのに、ベジママを飲んで尿が黄色くなってびっくりした人もいるでしょう。
これは副作用ではありません。
ビタミンの成分が尿に出てきているだけというシンプルなこと。
「これは副作用だ!」と慌てないようにしましょう。

ビタミン群の中で尿が黄色くなるのは?

ビタミン群の中でもとくに尿が黄色くなるのは、
ビタミンB1チアミン
ビタミンB1ナイアシン
ビタミンB5パントテン酸
ビタミンB7ビオチン
などのビタミン群が尿を黄色くすると言われています。
気になる人は、サプリメントを購入する際に成分表を見ておくと良いかもしれませんね。

心配ご無用!「尿が黄色くなった」という口コミも!

ベジママを飲んで「尿が黄色くなった」という口コミもあります。
尿が黄色くなったからといってとくに効果や体への影響に関係することはないようなので、心配ご無用です!

どんな口コミ?

「ベジママを飲んで、尿が黄色くなった。体への影響が不安」
「尿が黄色くなったけどこれって大丈夫なの?」

と、ベジママを飲んだ人の口コミがあります。

また、妊娠前は尿が黄緑色になったという人も。
黄緑色は驚いてしまいそうですよね。
ですが、妊娠してからは葉酸が消費されていくので尿が黄色に戻るようです。
妊娠前にベジママを飲む人は知っておくと、驚きも変幻する神しれませんね。

ベジママの詳細はこちら